« 2009年8月 | トップページ

2009年9月16日 (水)

俺と谷村美月(妄想)

 僕の本命はクラス一の人気者の夏帆なんだけど、夏帆はクラスの華やかな人気者でオトメンみたいなイケメングループといつもつるんでて、好きだけど喋ることができない。

 だから「あんな薄っぺらい奴ら死ね」とか「こんな世界滅んじゃえばいいのに」とか、隣の席で文庫本読んでる野暮ったい谷村さんととか喋ってる。

谷村さんとは気軽に何でも喋れて、僕が夏帆のこと好きなことも知ってて「応援するよ」とか言うんだけど僕は「別にいいよ」って言い返す。

 すると谷村さんは「そういうネガティブな考え方よくないよ」とか

 自分のことを棚に上げてボソっと言う。

 でも僕が谷村さんは好きな奴とかいないの? とか聴くと

 「いないわけじゃないけど」

みたいなこと言って、寂しそうな笑顔でいつもはぐらかす。

 それで俺は何となくいつも夏帆のとなりに岡田(将生)君のことを好きなんだろうなぁ。こいつも口では何だかんだ言っても所詮イケメンが好きなんだろうな、それにあいつイケメンだけど良い奴だし……とか先周りして勝手に想像することで、俺たちは本命には行く勇気がないから、とりあえず馴れ合ってる妥協フレンドだって先回りして現実に期待しないように自己卑下することで、息のつまる学園生活を乗り切ってる。みたいな関係だ。

 それで、ある事情で谷村さんは学校を転校してしまって(その事情はちょっと口には書けないハードな理由だったりする)

 僕は一人ぼっちになってしまうんだけど、その時に「あぁ、俺って谷村さんのこと好きだったんだなぁ」って思って泣いてしまう。

 これで実は谷村さんも俺のこと好きだった、みたいなオチがつけばいいんだけど、そこまでやるとリアリティがなくなるから、そこは最後まで謎にしてる。

 これ+時々エロ妄想で、「夏帆にしたいこと、私にしていいよ」とか言って爛れた肉体関係に及んだりするんだけど、それは内緒。

| | コメント (69)

« 2009年8月 | トップページ